中部オール電化ホーム > オール電化のデメリット

オール電化のデメリットは?

エコキュートの設置場所には制限があります

エコキュートの設置には、ある程度の広さが必要です。狭小地等の場合には、必ず現地調査を行ってください、無理に設置すると故障等を引き起こす可能性があります。

またマンション等への設置は大幅なリフォームを必要とする場合もあり敬遠されがちです。(中部オール電化ではマンションへのオール電化設置も行っております、ご相談下さい。)

どこで頼んで良いのか良くわからない?

オール電化製品は、通常家電製品と違い設置工事が伴います。

またオール電化の設置工事には、基礎工事・配管工事・電気工事とそれぞれ分野の違う工事業者が必要となり、全ての工事が出来る工務店・販売店はほとんどありません。

例えば、電気店にオール電化を注文した場合、基礎工事と配管工事は外部に委託するということです、極端な例としては、営業だけを行う業者もあり、其の場合は全ての工事(機器の仕入れまで)を外部委託します。

このような状況から、トラブルが起こった際に、販売・各工事業者間で責任のなすりつけになる事も多く見受けられます。

オール電化の導入に当っては、販売から設置、電気工事、メンテナンスまで一括して出来る業者に依頼することがトラブル防止に繋がります。

IHクッキングヒーターの電磁波問題

IHクッキングヒーターはガスコンロと違い電磁波を発生させます。

したがって、ペースメーカーを使用されている方は、必ず医師にご相談下さい。

しかし、IHクッキングヒーターの電磁波は、ドライヤーや電子レンジよりも弱いため、日常生活でこれらを問題なく使用されている方は特に心配する必要はないと思われます。