中部オール電化ホーム > 太陽光発電のよくある質問

太陽光発電(一般住宅)

Q1.太陽光発電でつくるのはお湯ですか?

太陽熱温水器と太陽光発電を勘違いされる方がいらっしゃいますが、まったく違うものです。太陽光発電は、太陽のエネルギーを利用して電気を発電するシステムです。

太陽熱温水器は、太陽熱を利用してお湯を沸かすシステムです。

大きく分けると、「太陽光発電」と「太陽熱利用」となります。

「太陽熱利用」には暖房に利用されるものもあります。

Q2.余った電気が売れるのは本当ですか?

太陽光発電によりご家庭で発電された電力のうち、使用されなかった余った電力を電力会社が購入してくれる制度があります。

平成21年11月1日より施行された「太陽光発電の余剰電力買取制度」により電力会社の買取りが義務付けられました。

現在(平成22年度)の買い取り価格は48円/kWhとなっております。

詳しくは、買取制度ポータルサイトをご覧下さい。

Q3.発電しないときは電気が使えなくなるのでは?

発電しないのは夜間や雨などの発電に必要な太陽のエネルギーが賄われないときですが、その場合は通常通り電力会社より電力を購入しますので発電していない時でも電気が使えなくなることはありません。

また、ご家庭で使用している電力以上に発電した場合は、余った電力を電力会社が買ってくれますのでとても経済的です。

Q4.どのくらい家庭で使う電力がまかなえるの?

データのよると、3kWの太陽光発電システムを設置して頂いている一般的なご家庭(4人家族)で55〜70%まかなえると試算されております。

設置状況や使用状況に応じて差は出ますが、50%以上はまかなえると考えられます。

Q5.設置するにはどのくらいかかるの?

販売会社により価格はまちまちですが、当社では全メーカー全機種40%OFFとなっております。

また、補助金をもわう為には、1kW当り65万円以下(平成22年度、「設置工事に係る費用」の中で特殊工事の費用は控除できます。)で購入したものが対象となておりますので、1kW当り65万円以上になる事はありません。

1kW当り65万円以上で販売される販売会社は要注意です!

無料見積を実施しておりますのでご連絡下さい。中部オール電化 0120−0−26241

Q6.何年くらいで元が取れるの?

以前は15年、20年と言われておりましたが、現在では商品自体の価格下がりかつ、補助金や余剰電力の買取り制度と国も全面的に導入を支援しておりますので、10年程度で元が取れるという試算がほとんどとなっております。

現在の太陽光発電の普及状況を見て頂ければ、ご安心頂けるのではないでしょうか?

太陽光発電協会 http://www.jpea.gr.jp/04doc01.html

Q7.機器の寿命はどのくらい?

太陽光パネル(モジュール)は、20年以上と言われております。

現在では、海外メーカーで25年保証しているメーカーもあるいますのでかなりの年数問題なく使えると考えられますが、パワーコンディショナと言われる電流変換器(直流→交流)は10年〜15年で必要に応じ交換が必要となります。

Q8.停電時にも運転できるの?

発電できていれば自立運転できます。パワーコンディショナーに停電用コンセントがあり、1300W〜1500W程度まで電気を使用することが可能です。

発電しない夜間は運転できません。